作成者別アーカイブ: okubojun

「噛み合わないパンの話」マルコ8:11-13

「噛み合わないパンの話」マルコ8:11-13

昨日(10/1)、熊本の地震で被災された方々の新しい生活の場である仮設住宅に食器をお渡しに行きました。避難所暮らしの時は紙やプラスチックの容器や食器で食事をされていたので、新しい生活に入るにあたって自分の陶器の食器で食べることで少しでも普段の営み、日常を取り戻して頂けたらと思います。陶器市のように並べた食器の中から、皆さん自由に手に取って好きな物を選んでかごや袋にいれて喜んで帰ってゆかれました。一人のおばあちゃんが熱心に茶碗を選んでおられました。「どんなの食器を探しているんですか?」と一緒にボランティアに行った方が声を掛けると「かわいいの」とのこと。そして言葉を続けられました。「この仮設に私一人で住むんだけど、ほら、後ろにいる孫達がここに来た時に一緒にご飯が食べられるように」。後ろには二人の小さな女の子。少ししてみるとその子たちも一緒に探し出しました。器を選ぶ、それは自分のこれからの生活を思い描く事でもあるんだな、と思いました。このおばあちゃんは、このお孫さんと一緒に食べることが出来るのを楽しみにしているんだなと思いました。お孫さんもそうしたいと思ったようです。食べるということは生きるということです。だから何を食べるかということはとても大切です。でも、同時に誰と食べるか、ということも大切です。それは誰と生きるかということだからです。そして人は一人では生きられないからです。
私達は月に一度、主の晩餐でパンと葡萄ジュースを頂きます。これはイエス様の歩みや言葉を思い起こし、そしてイエス様の十字架を思う事でもあります。そのことを思い浮かべながら食べます。この出来事をとても大切な事柄として記念として私達は行います。同時にイエス様の事だけ、つまり何を食べるか、だけでなく誰と食べるかということも私達にとって大切です。そうでなかったら教会で一緒に食べる意味ないからです。むしろこっちの方が大切かもしれません。何故ならケンカしながら食べたら、後から「何食べたっけ?」みたいになるからです。誰と食べているか、ここに誰がいて欲しいか。クリスチャンも一人では生きられないのです。「互いにかみ合い、共食いしているのなら、互いに滅ぼされないように注意しなさい。」(ガラテヤ5:15)(牧師 田中伊策)

マルコによる福音書8章11-13節

「今、私にできること」マルコ8:11-13

「ファリサイ派の人々が来て、イエスを試そうとして、天からのしるしを求め、議論をしかけた」(11節)

ファリサイ派の人たちは、無理難題を吹っ掛けようとしてやってきました。それが「試す」という言葉です。「試す」という言葉は「試験をする」という意味です。試験をするというのは先生が生徒をテストするということ、「お前が分かっているかどうか私が調べる」ということです。問題に答えられたら合格、答えられなかった失格、ダメということになります。偉い人は、〇か×をつけるだけです。イエス様にはそれがとても残念でした。

悲しんでいる人たちが笑顔になった、それはとても嬉しいことです。お友達が泣いていたら、「どうしたの?」っていうでしょ?そして元気になって欲しいと思うでしょ?そんな気持ちが大事なのに、この人たちは、お友達の事ではなくて、自分の事ばかり考えていたからです。自分が人気者になりたい、ってそればかり。どうしたら自分のところに人が集まってくるか、ばかり考えていたからです。

でも、イエス様は歩き回って、悲しんでいる人のところに行って話を聞いて「そうか、それは悲しいね」と一緒に泣き、困っている人のところに行って話を聞いて「そうか、それは困ったね。一緒にお祈りしようか」と祈ったり、病気の人のところに行って「ここかなぁ、痛いのは」ってさすったり、そうして、その人たちが「ああ、私のことなんて誰もわかってくれないと思っていたのに、この人は私の悲しみも、つらい気持ちも、痛い場所も分かってくれる。私はひとりぼっちじゃない」、そう思って「よし、もういちど頑張ってみよう」とか「なんだか、元気が出てきた」とか。

状況は何も変わっていないのに、悲しんでいる人の心が元気になったり頑張ろうと思ったり、そういう事が起きたらすごいでしょ。それこそが「奇跡」です。そして、そのためにイエス様はあちらにゆき、こちらに行き、一生懸命いろんな人と出会おうとされたのです。「また舟に乗って向こう岸へ行かれた」(13節)。新しく出会いに行かれたのです。私たちもついてゆきましょう。(牧師 田中伊策)

「今、私にできること」マルコによる福音書8章11-13節