「春にして君を想う」ルカ3:1-6

二月になると、あちらこちらで蕾の綻んできた梅の花を見かけるようになります。寒空の下で可憐に咲く梅の花のいじらしさに、心惹かれる人も少なくないでしょう。私もその一人であります。永い冬の寒い日々に飽き飽きしてくるこの季節の中で、梅の花が咲き始めるのを見ますとき、もう春も近いのだな、と感じます。梅の花は私たちに、冬の終わり、春の近きを教えてくれます。

私は梅の花を見る度に、毎年、洗礼者ヨハネのことを思い出します。ヨハネは人々に、神の御国が間もなく訪れること、神の御子イエス・キリストが間もなくやって来られることを告げ知らせました。神の御国、神の御子がもう近くまで来ている、と。神の御子をお迎えし、神の御国の到来に備えるために、罪を悔い改め、バプテスマを受けることを人々に語り伝えたのでありました。それはまるで、冬の終わり、春の近きを告げ知らせる梅の花のようだと、私はいつも想うのであります。そして、神の国、神の御子イエス・キリストの到来は、花盛りの春の訪れのように感ぜられるのです。

春は命の季節、復活の季節であります。今まで、永い冬の寒さを耐え忍んできた生き物たちが、春の訪れと共に目覚め、芽吹き、その蕾を綻ばせ、花開きます。冬には枯れているように見えた木々もまた、再び若葉の爽やかな緑を取り戻し、生き生きとした姿を見せてくれるようになります。苦しみの中にある人たち、悲しみの中にある人たち、孤独の中にある人たち—永い冬を耐え忍んできたすべての人たちにとって、イエス・キリストの到来は、冬の終わり、春の訪れを意味しています。イエスは冬を耐え忍んできた人たちのかじかんだ手を温め、ほぐし、永遠に共に居てくださることを約束してくださっています。

どうか、寒い冬のように心細く、頼りない想いで日々を過ごしておられる方々の上に、春の如きイエスの温かな愛が訪れ、その心の雪を溶かしてくださいますように。アーメン。(香月太郎神学生)

「春にして君を想う」ルカによる福音書3章1-6節