カテゴリー別アーカイブ: 週報(巻頭言)

「言葉が暗闇を照らす」マタイによる福音書10章27節

「わたしが暗闇であなたがたに言うことを、明るみで言いなさい」

もうすぐ6年になろうとしている東日本大震災。その震災直後に北九州の東八幡キリスト教会の奥田知志牧師は東北に入り、「もっとも小さくされた者、谷間に置かれた人々へ偏った支援を行う」という方針で蛤浜(はまぐりはま)という小さな集落に行かれました。

『蛤浜は九軒しかない小さな浜で自衛隊も来ていませんでした。当時、支援は大きな街を中心に行われていたので、蛤浜のような小さな集落には誰も来ていなかったのです瓦礫だらけの集落でした。その集落の一番奥に集会所があって、二〇人ほどの方々がみを寄せ合いながら避難生活をされていました。九軒のうち五軒が津波で流されて、二人が亡くなっているという状況でした。(中略)

亀山夫妻が九州から訪ねた私を迎えて下さいました。亀山さんは、この集落の区長さんです。「私たちは今回の津波ですべてを失いました」と肩を落としておられました。その時、お連れ合いの昭子さんが、「ちょっと見てほしいものがある」と言って奥の部屋から絵手紙を持って出てこられました。それは九州から届いた荷物に入っていた絵手紙でした。巻物の手紙で、墨の字でいろいろと書かれていました。その真ん中にはクリスマスローズが描いてありました。そしてその絵の脇に、「今は涙が尽きませんが、いつか必ず笑える日が来ます」と書かれていたのです。

亀山さん夫妻は、「私たち、届いた荷物からこれを見つけて集会所でみんなで読みました。で、みんなで泣きました「わたしたちはすべてをこの津波で失いました。船も全部流されたんです。けれども今はこれで生きています」とその手紙をみせられるのですね。』
〔奥田知志『「助けて」と言おう』日本基督教団出版局,2012,p14-15〕

悲しくて立ち上がれない、先が見えなくて怖い、越えられない課題がある、そんな人生の闇を迎える時があります。そしてそんな闇の中で言葉が生きる力になる時があります。その時、既に言葉はともし火となり道の光となっています。(牧師・田中伊策)

「言葉が暗闇を照らす」マタイによる福音書10章27節

「そのけしからんがけしからん」マルコ9:38-50

「先生、お名前を使って悪霊を追い出している者を見ましたが、私たちに従わないので、やめさせようとしました」(38節)と弟子のひとりヨハネはイエス様に言います。イエスの名を騙っていけない事をしているように聞こえます。でも、きっとこの「悪霊を追い出している者」はイエス様が病気の人を癒しているのに感動したか、自分もイエス様に癒された経験があったか、した人だったのでしょう。それで、自分の周りにいた病人になんとか治ってもらいたいと思って「イエスの名によって命令する。悪霊よ、この人から出て行け!」と言ったんでしょうね。それを聞いていたヨハネが、「おいおい、お前なんぞ知らんぞ。誰から許可を受けてそんなことをしているんだ。それがしたかったら、まず俺たちの仲間になる事だな。それが出来ないなら、もうしないことだ」と言ったというのです。

それを聞いたイエス様は「ちょっと待てよ。良いじゃない。私の名前で癒そうとしてくれたんだから。それよりもなあ、ちょっと気になるんだけど『私たちに従わないので』というのはどういうこと?その『私たち』の中にボクは入っている?ボクはそんなこと言わないから、きっと『私たち』の中にボクは入っていないよね。ヨハネ君、君は彼をけしからんと思っているようだけど、そうやって誰かのために一生懸命になっている人の姿や癒された人の気持ちを大事にしない君がけしからんと思うよ」と言います。

「従うということは、そういうプライドだとか権威だとか、そういうものを脱ぎ捨てて私の道を進むということだよ。そういうものはなかなか脱ぎ捨てられないものさ。でも、新しく生きるんだろ?それなら断念しようよ。痛みと共に自分で切り捨てるんだ。それが従うって事だよ。自由になるってことだよ。そうでなければあなたはいつまでも苦しまなきゃならない。人を悪く思うその気持ちに自分が苛まれる。人に向ける刃で自分も傷つく。そういうものだよ。出会う人の喜びを共に喜ぶ。そうやって生きようよ。」(牧師・田中伊策)

「そのけしからんがけしからん」マルコによる福音書9章38-50節

「隠れたところに真実がある」マルコ9:33-37

「わたしの名のためにこのような子供の一人を受け入れる者は、わたしを受け入れるのである」(35節)
「私を信じる、私に従うってことは、そのまま小さなものを受け入れる。小さな者に仕えるということなんだよ。信仰っていうのはね、そこにおいて表されてゆく事であって、信仰的熱心さだとか、奉仕の量だとか、社会的地位の高さだとか、そんなことじゃない」イエス様ははっきり言われた、というのです。けっこうすごい事を言っています。

信仰とは神様に対しての熱心ではなく、小さな者に対しての熱心だ、って。でも本当だと思うんですね。イエス様は時々そういわれています、マタイによる福音書5章23-24節「あなたが祭壇に供え物を献げようとし、兄弟が自分に反感を持っているのをそこで思い出したなら、その供え物を祭壇の前に置き、まず行って兄弟と仲直りをし、それから帰って来て、供え物を献げなさい。」礼拝に行く途中で、誰かとケンカしたままだったな、と思ったら、捧げ物をいちど祭壇の前において、仲直りに行って、それから戻ってきて捧げなさい、って。

これって、捧げ物よりも捧げる心が大事だよ、って言われていますよね。教会は教会、生活は生活、神様は神様、私は私、そんな信仰に何の意味があるの?って言われていますよね。信仰というのは生活から現れる、日常からあふれ出すものじゃないかって。

幼稚園で時々、避難訓練をします。火事とか地震とか。でも大事なのは訓練ではなくて、実際にそういう時に訓練通りに行えるかどうか、ってことです。訓練して安心していてはダメなんです。私たちが礼拝をするのは、神と共に日常を生きるためです。大事なのは神様に熱心になるんじゃなくて、愛と共に日常を生きる事です。「神は愛です」って聖書に書いてあります。だから、愛を持って歩むとき、そこに私たちは信仰を携えている。それが問われているのです。逆に言うと私たちが日常をどう生きているかが、信仰ににじみ出て来るということです。(牧師・田中伊策)

「隠れたところに真実がある」マルコによる福音書9章33-37節

「再び会うために遠い約束」マルコ9:30-32

イエス様の受難告知(31節)に対して「弟子たちはこの言葉が分からなかったが、怖くて尋ねられなかった」(32節)という言葉は、イエス様の受難の告知が、弟子たちとイエス様とが決定的に引き離された出来事だったということを伝えています。言い換えると、この受難告知はイエス様からの別れの言葉だったのです。ここから私とあなた方は別の道を進むよ「さようなら」という別れの言葉です。

しかしそれは決して弟子たちを捨てる出来事ではなく、むしろもう一度、彼らと再び会うための約束の言葉です。そしてその再会の場所こそがエルサレムのはずれ、ゴルゴタの丘の十字架です。彼らはそこで自分の闇と出会う事になります。それは同時に光との出会いでもあります。闇を闇と認識させるのは光の存在が必要だからです。エルサレムの闇、弟子たちの闇、そして私たちの闇を照らすために、イエス様は来られました。闇の中でうずくまるのではなく、その闇に光を当て、私たちを迎えられる光としてイエス様は来られました。

言葉は不自由です。愛という言葉すら自分中心で考え、信仰という言葉すら自分を高めるものとしてしまう私たちに対して、神は言葉を越えて、イエス様の姿を通して、歩みを通して、十字架を通して、その愛の大きさを示して下さったのです。

「さようなら、ここで私はあなたがたと別の道を進みます」。でもそれは十字架で出会うための約束の言葉です。その約束さえ分からない弟子たちとイエス様との距離は遠い、あまりにも遠い。しかし、その遠い約束を越えて、隔たりを越えて、私たちの闇に光を注がれる神様の愛の大きさに出会えた時「人の子は、人々の手に引き渡され、殺される。殺されて三日の後に復活する」というイエスの言葉が成就するのです。

(牧師・田中伊策)

「再び会うために遠い約束」マルコによる福音書9章30-32節

「鶏が告げる朝」ルカ22:54-62

「クリスマスが終わったら正月」これは毎年のことなのですが、今年は本当にそうですね。12月24日が土曜日、12月25日が日曜日、1月1日も日曜日。教会関係の人はみんな言っています、「今年は日程が悪い」。でも、それは非常に疲れるという意味であって、本当はとても良い日程だと思います。何故ならクリスマスの日に礼拝が出来て、新しい年の始まりも礼拝が出来るからです。

聖書の箴言19章21節には「人の心には多くの計らいがある。主の御旨のみが実現する。」とあります。口語訳という訳では「人の心には多くの計画がある、しかしただ主の、み旨だけが堅く立つ。」とあり、私はこの訳が好きです。

「こうなったらいいな、こういう年にしたいな」と私たちはいろんな計画や理想を描きます。それはそれで大事です。目標とか希望とかを持って進む方が良い。でも、なかなか、願った通り、思った通りにいかないものです。それは神様を信じていてもそうです。

教会の歩み、幼稚園の歩みを振り返ってもそうだったと思いますし、個人や家族、学校や職場での歩みもそうでしょう。なかなかうまくゆかない。そして、そういう時にこそ、私たちの信仰が問われます。そしてこの「人の心には多くの計画がある、しかしただ主の、み旨だけが堅く立つ。」という言葉は響いてきます。

この一年の始めに、いつ帰ってきても良い場所、いつも「おいで」と言ってくれる場所、日曜日のこの時間に来たら誰かいてくれる場所、そして神様を礼拝する場所で私たちは共に私たちの歩みの基、生活の土台を確認して歩み出したいと思います。

(牧師・田中伊策)

「鶏が告げる朝」ルカによる福音書22章54-62節

「人が人となるために」ルカ2:14

高校生の時の事。私は高校から親元を離れて寮生活をしていました。中学時代に勉強する習慣がなかったので、高校に入っても決められた勉強時間にはマンガを読んだり居眠りしたりしていました。そして1学期の試験、当然のように散々な成績でした。それでもあまり気にしないでいたら、寮監から呼ばれて「田中、お前は寮で一番成績が悪いぞ。恥ずかしくないのか。一番下なんだから、あとは上にいくしかない。がんばれ!」って言われてしまいました。

別に恥ずかしくありませんでしたし、焦る事もありませんでした。でも、寮監に対して「そんな言い方しなくてもいいじゃないか!」って反発からガムシャラに勉強するようになりました。毎日毎日、一生懸命勉強しました。すると2学期、ぐーんと成績が伸びました。結果が出るとやはり嬉しい。それでまた頑張る、するとまた上がる。最初が悪かったので結構とんとん拍子で上がってゆきました。

いつの間にか「もう落ちたくない」と思い勉強していました。成績の事ばかり考えて、睡眠時間を削って勉強しました。けれども無理したせいで体調を崩してドクターストップ。「勉強しないと追い越される、落ちる」そんな思いで何日も布団の中におりました。

そんな時、一つの聖句を見つけました、『人は、たとえ全世界を手に入れても、自分の命を失ったら、何の得があろうか。自分の命を買い戻すのにどんな代価を支払えようか』(マタイ16:20)。この言葉を読んで、自分が上ばかり見て自分も周りも見えていなかった事に気づきました。そして、スーッと心が楽になったのを覚えています。

今日はクリスマス。神の子は家畜小屋の飼い葉桶の中。世の低みの極みに生まれました。神はその赤ん坊を通して上ばかり見て周りも自分も見えなくなっている私たちの視線を上から下に向けさせます。そして「お前は人なんだ。お前はここで生きよ。私も一緒に歩もう」と、語り掛けています。神を神とすることによって、人が人となるのです。『人の子は仕えられるためではなく仕えるために…』(マルコ10:45)。私たちもそのように。 (牧師・田中伊策)

「人が人となるために」ルカによる福音書2章14節

「平和の誕生」ルカ2:10-12

「天使は言った。『恐れるな。わたしは、民全体に与えられる大きな喜びを告げる。今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。あなたがたは、布にくるまって飼い葉桶の中に寝ている乳飲み子を見つけるであろう。これがあなたがたへのしるしである。』」(ルカによる福音書2章10-12節)

イエスの誕生についてルカによる福音書では、野宿しながら羊の群れの番をしていた羊飼いに救い主の降誕の知らせが届きます。どうして羊飼いに知らされたのでしょうか。

その答えは天使の言葉の中にあります。天使は「民全体に与えられる大きな喜びを告げる」と言っていますが、この言葉は口語訳聖書では「すべての民に与えられる大きな喜び」となっています。「すべて」というのは「一人残らず」ということです。一人でもこぼれていたら、一人でも除外されていたら「すべて」にはなりません。

つまり、羊飼いは社会において除外されていた、人の数に入れられない階層の人々だったということです。だから羊飼いのところにこのメッセージが届いたのです。「この社会は生まれた場所や話す言葉、皮膚の色や食べる物、知っている事や出来る事、仕事や行った学校、そんな違いで分けて仲間はずれをするけれど、神様は違うよ。一人として神様の愛から漏れることはない。だからあなたがたのところに来た。あなたのために救い主は生まれたのだよ」って。

「一人として神様の愛から漏れることはない」。その「一人として」を「この私が」と思えた時に救いは訪れます。そして、そこから新しい喜びの歩みが始まります。それは、私も仲間はずれをしない、敵を作らない、そういう生き方です。しかしそれはとても難しい事です。でも、それで良いのです。「愛するって難しいなぁ」と思ったらその度に「神様の愛は大きいなぁ」って気づくのですから。そしてまたそこからスタートです。(牧師・田中伊策)

「平和の誕生」ルカによる福音書2章10-12節

「恵みを通り過ぎないために」出エジプト16:15

神様はモーセという指導者を立てて、イスラエルを奴隷から解放します。民は自由を喜び、一路故郷を目指します。そんな中での事柄が今日の聖書個所に続きます。

「我々は自由だ、故郷を目指そう」と旅を始めるのですが、すぐに問題が起こります。三日目に「水がない」と人々は言い出します。荒野の旅です。水を探すのも一苦労です。そこはオアシスでしのぎますが、次に食べ物に困ります。

「腹減った。何とかならんのか。モーセは俺たちを荒野に誘い出してここで餓死させようとしているのか?奴隷の時は良かったなぁ。肉のたくさん入った鍋を囲んでパンを腹いっぱい食べられたのになぁ。死ぬんだったらこんなところで飢え死にするんじゃじゃなくて、エジプトで死にたかったなぁ」って。

モーセは思った事でしょう(ちょっと待てよ、お前たちが「助けてくれ!」って神に願ったから、神様は助けてくれたんだろ?)って。それに対して起こった出来事というのが今日の聖書の個所の前、13節14節に書かれています。

「夕方になると、うずらが飛んで来て、宿営を覆い、朝には宿営の周りに露が降りた。この降りた露が蒸発すると、見よ、荒れ野の地表を覆って薄くて壊れやすいものが大地の霜のように薄く残っていた。」うずらは分かりますが、朝、大地を覆う薄くて壊れやすい霜のようなものは見たこともありません。

それで今日の聖書の個所です、「イスラエルの人々はそれを見て、これは一体何だろうと、口々に言った。彼らはそれが何であるか知らなかったからである。」。「これは何だ?」ヘブライ語の聖書には「マーン・フー」と書かれています。この「マーン・フー」が転じてそれらは「マナ」と呼ばれることになります。彼らは「これは何だ?」を40年食べて暮らしたのです。

勿論、見たこともないから「これ、何?」と思っただけでなく、自分の願ったもの、自分の欲しいものとはちがったガッカリ感もあったと思います。彼らは体こそ自由になったけれど心はまだ自由とはなっていなかったのです。イスラエルは荒野で40年。自由への道は長く険しいものです。(牧師・田中伊策)

「恵みを通り過ぎないために」出エジプト記16章15節

「この人を見よ」イザヤ書52:13―53:12

今日の53章ですが、この時代はイスラエルがバビロニアに滅ぼされ、そして捕虜として連れて行かれている時代です。故郷を遠く離れて暮らす人々は自分たちの歩みを振り返り、悔い改めます。豊かさを求めて、強さを求めていた堕落し、そして戦いに負けてボロボロになった彼らは、「ああ、私たちは神から遠く離れた者となっていた。神の言葉をないがしろにして道を踏み外したんだ。私たちは神に立ち返ろう」と思うのです。「私たちは本当は小さな者だったのに、神の民などと言って、なにをしても神が守ってくれると思っていた」そう思うのです。「小さなまま神様に立ち返ろう。」

それはまるで70年前のこの日本のようです。アジアの片隅の小さな国が、その急激な発展の中で「天皇を中心とする神の国」みたいな勘違いの中で戦いに進み、そしてボロボロになったように。そんな中で作られたのが日本国憲法でありました。アメリカに作ってもらったか、日本人が作ったか、そんなことが問題ではなく、ここから私たちの国がどのように歩むべきか、日本国憲法はちゃんとその道筋を描いています。「平和を願い、共に生きよう」と。

捕囚の中にあった民もまた、自分たちが願うべき事、進みだすべき道を求め、そして言葉にしていったのです。今日の聖書の個所は正に、そのような言葉です。「見よ、わたしの僕は栄える。はるかに高く上げられ、あがめられる。」という言葉から始まるこの僕(しもべ)の姿はこれから新しく歩み出そうとしているイスラエルの姿そのものです。「わたしの僕(しもべ)」とは「神の民」ということ、イスラエルの姿そのものなのです。
(牧師・田中伊策)

「この人を見よ」イザヤ書52:13―53:12

「この最後の者にも」マタイ20:14節b

「君と君と、それから君…は止めておこう。その二人、ついて来て。」

(俺は今日も仕事にありつけないのか)と彼は思った。その人は今日も仕事を求めて夜明け前から町の広場に来ていたけれど、誰も彼を雇ってくれない。(そりゃそうだ。こんなに顔色が悪く瘦せこけた俺を仕事に使おうなんて人はいないよ。誰だって体格が良く顔色の良い人を選ぶさ。こうやって選ばれた奴は働いてもらったお金で美味しい物を食べて元気になり、俺は今日も仕事にありつけずやせ細って行く。そして明日も選ばれない。俺は駄目だ)。

太陽は傾きかけあと一時間もすれば沈んでしまいそう。イスラエルの日付は日暮れで終わり、日が沈むと新しい一日が始まる。(何の食べ物も何の希望もないまま暗い明日がやってくるのか)と思った時、一人の人がこっちに向かって歩いてきた。(今頃、仕事でもなかろう)と避けようとするとその男は彼の前で立ち止まって言った。「君は何で一日中、仕事もしないでここで立っていたのか?」「誰も俺なんて雇ってくれる人がいないんですよ」「あの道の先にブドウ園があるのを知っているか?今からでいい。私のぶどう園に来い。」。彼は訳もわからず、言われた通りぶどう園に行き、そしてぶどうを摘んだ。(助かった、これで今晩は食べ物にありつけるだろう)と思った。

仕事を始めて30分。チリンチリ~ンと仕事の終わる合図が鳴り、労働者は監督の元に集まって来た。すると彼を雇った男が監督に「最後に来た者から順にみんなに賃金を払ってやりなさい」と言った。そこで監督は彼を見つけて「お前からだ。これを受け取って帰りなさい」と言って、1デナリ(一日働いてもらえる賃金)を渡した。「こんなにもらって良いんですか?」「お前も聞いたろ?ご主人様がそう言われるんだ」。彼はピカピカ光っている銀色の硬貨を握りしめて家に向かって踵を返した。

その時すぐ後ろで怒鳴り声が聞こえた、「こいつは30分しか働いていないのに1デナリ、俺は一日中働いて1デナリ。働いた分だけ貰えるのが当然だろ。不公平だ!」彼は怖くて振り返れなかった。すると彼を雇った男が返事をした「お前との約束は1デナリ、約束通りじゃないか。そして私は最後に来た彼にも同じように1デナリあげたかったのだ。『働いた時間がその人の価値』この社会では前の言う通りかもしれない。でも、私は違う。人間の価値はみんな同じだ。1デナリはそのしるしだ」。「お前は駄目じゃない。お前の命も等しく尊い。明日も生きるのだ」と聞こえた。喜びの中、彼の新しい一日が始まる。(牧師・田中伊策)

「この最後の者にも」マタイによる福音書20章14節b