「愛が勝っちゃった」マタイ1:18-25

ヨセフは婚約者であるマリアの妊娠を知ります。それはヨセフにとっては身に覚えのない婚約者の妊娠でした。彼は「正しい人」だったと聖書には書かれています(1:19)。

「正しい」というのは「旧約聖書の戒めに忠実」だったということです。ヨセフは「私と婚約したマリアは既に結婚していると同じ扱いとなる。そうしたらマリアの妊娠は姦淫の証拠とされてしまう。そうなればマリアは死刑だ(レビ記20:10)。

話が広まる前に婚約を破棄すれば、彼女の妊娠は姦淫とはならない。婚約破棄にしよう」そう思いました。そう決心した日の夜、ヨセフは夢を見ます。「ヨセフ、恐れず妻マリアを迎え入れなさい。マリアの胎の子は聖霊によって宿ったのである。マリアは男の子を産む。その子をイエスと名付けなさい。この子は自分の民を罪から救うからである」。

この夢によってヨセフは考えを変え、マリアとの結婚とそのお腹の子を自分の子として受け入れる決心をしました。

しかし、これだけだとヨセフとマリアの結婚は「神様が結婚しなさいと言ったから」とか「その子は救い主だから」という理由になり、ヨセフはただただ「正しく」「真面目な」だけの人間でしかありません。「だからヨセフがイエスの父として選ばれたのだ」と言われればそうかもしれません。

しかし、私はヨセフが父として選ばれた理由は真面目さではなかったと思うのです。夢は夢として重要な意味としてあったでしょう。しかし、それは彼の内にあった真面目さや正しさ以外の思いに突き刺さったのだと思います。

それはマリアへの愛です。ヨセフは考えて真面目さや正しさを選ぼうとした。

でも、それ以上にマリアを愛していた。彼に与えられた夢は「お前はマリアを愛しているんだろ?だったら律法なんて越えちゃって、正しさなんてすっ飛ばしちゃって結婚しろよ。愛するマリアを子どもごと包んでやれよ!」って夢だったのだと思うのです。

天使の言葉はマリアへの愛があったから響いたし、結婚へと踏み出させたのです。正しさよりも愛が勝っちゃったヨセフ。それはそのまま私たちの愚かさよりも神の愛が勝っちゃって私たちが救われるのと同じです。(牧師:田中伊策)

「愛が勝っちゃった」マタイによる福音書1章18-25節